店舗用の防犯カメラ

暮らし安心ネット

店舗の内容によって違う、防犯カメラにおける種類選びの考え方

防犯カメラには、カメラとして分かり易い内容の物から、分かりにくい内容まで様々な形のタイプの物があります。
店舗の内容によってその効果に違いが現れます。
カメラとして分かる場合は、設置している認識が抑制力としての効果も期待ができ、防犯に対する意識を強く示す事ができます。
ただし、カメラとして分かり易い内容は、見られている意識が強く、また、犯罪に関する意識を強く想起し易く、威圧感を与えリラックスできない環境になるリスクもあります。
小学校などの場合は、基本的にドーム型と呼ばれている様な分かりづらい防犯カメラが採用されています。
貴金属を扱う店舗の場合は、分かり易い内容の方が望ましい場合もありますが、一般的な顧客を扱う店舗では、分かりづらい物が望ましい場合もあります。
人目のつきにくい、外部などは分かり易い防犯カメラの利用を行ない、内部においては分かりにくい物の利用を行ない、使い分ける事も一つの方法です。
現在は、小型カメラの性能が向上しているため、小型カメラの利用も最適な方法の一つです。

重要性が高い店舗内の防犯カメラ

店舗内の防犯カメラに関しては、防犯と言う面において非常に重要な役割を果たしてくれます。
特に大手スーパーの万引き行為等は、実はなかなか発見することができないものです。
後になって商品が少ないと言うことに気づいても、その時には遅いので、現行犯で捕まえる必要があります。
さらに、コンビニエンスストアも、コンビニ強盗等が頻発しているところでは、実際にそういった時に犯人の手がかりに十分になり得るものだと言えるでしょう。
防犯カメラも、かなり高額なものがたくさんありますが、店舗のことを真剣に守りたいと考えているなら、妥協しない方が良いです。
そして、担当になる警備会社も、できるだけ評判の良い警備会社にするのが基本となります。
信頼と実績のある警備会社にお願いをすれば、防犯カメラとのコンビネーションで、店舗を見事に守ってくれるでしょう。
安心して経営したいと思っているならなおのこと、このようなシステムは早い段階で確立させておいた方が良いです。

recommend

神戸のパーソナルトレーニングジム

最終更新日:2018/1/18

COPY RIGHT (C) 暮らし安心ネット ALL RIGHT RESERVED